ニシマチ接骨院 ロゴ

超音波画像検査

超音波画像検査とは

いわゆる“エコー検査”のことで音の反射と各組織の音の浸透速度の違いを利用し骨はもちろんレントゲンでは見られない筋肉・靭帯・軟骨などの軟部組織をリアルタイムで観察することができる装置です。また検査部位の血流を色で示すカラードップラーにより組織の炎症反応を確認することができます。放射線被ばくが無い安全な検査ですので妊婦の方や小さなお子様も気軽に検査できます。

超音波検査

超音波画像検査器を当院に導入している理由・・・

従来のエコーは周波数が低く体表に近く浅い領域、筋肉・靭帯・腱などでは画像が不鮮明であったが近年プローブの高周波数化や画像のデジタル化に伴い体表領域でも鮮明な画像が観察できるようになりました。エックス線検査に異常がなくても靱帯断裂、軟骨損傷などが伴えば意外に治療は長引くものです。特に小児の外傷では高い確率で軟骨損傷がみられるという報告もあり慎重な治療が必要です。捻挫、打撲でも一律の治療では回復も遅れます。スポーツ外傷では選手としての能力にも影響してきます。当院では超音波画像(エコー)により以前は見逃していたかもしれない軟部組織観察の精度向上に努めています。

ライン

どのような場合検査をするのか

骨折の恐れがある場合

骨に軽いひびが入る“疲労骨折”や骨が欠ける“剥離骨折”では外見上では骨折だとわかりづらい場合があります。こういった骨折を見逃すと治療が長引き最悪後遺症を残すこともあります。その為少しでも骨折の疑いがあれば検査を勧めます。

ライン

靭帯・筋肉・腱の損傷

これらの損傷では治療の際、損傷部位と状態を明確に把握することが大事です。
内部の状態を視覚的に観ることで治療の精度が上がります。また繰り返し経過を観察することで仕事や運動の復帰時期を計ることにも役立ちます。

ライン

関節内部の異常

骨の関節面が不整になっていないか、半月板に異常はないか、内部の腫れ具合はどれくらいか、などを確認します。スポーツなどをやっている患者様では運動の中止の目安にもなるので積極的に検査したほうがいいです。

ライン

当院で使っている検査機器

東芝メディカルシステムズ株式会社 Nemio MX

生体からの反射波に含まれる高調波で画像構成する
THI(TissueHarmonic Imaging)を搭載。
カラ―ドップラーやパワードップラーによる血流の観察も行えます。
病院でも使われているモデルで高い画像処理能力により
鮮明な画像が映し出せます。

東芝Nemio MX

超音波検査を使用した例

[例1]- 肘の外側

超音波検査 肘の見え方

[例2]- 指の掌側

超音波検査 指の見え方

[例3]- 肩

超音波検査 肩の見え方

稲沢市ニシマチ接骨院の交通事故治療

  • 交通事故治療
  • 交通事故治療の特長
  • 交通事故むち打ち治療
  • 交通事故 自賠責保険
  • 交通事故ガイド
  • 交通事故Q&A
ページトップ

稲沢駅・一宮駅 ニシマチ接骨院 営業時間のご案内

  • 院長インタビュー
  • 交通事故/自賠責保険 むち打ち 支払い
  • 交通事故治療/社会保険 自賠責 むち打ち 社会保険 Q&A faq
  • スポーツのケガ/外傷 障害/骨折/捻挫/打撲
  • スポーツを継続しながらの治療
  • スポーツ障害・怪我 事例集 野球・サッカー・バスケットボール・ソフトボール・バレーボール・ラグビー・テニス・陸上・卓球・柔道・剣道・バドミントン
  • 姿勢分析 ダイエット 生活習慣
  • トレーニング・ストレッチ
  • 骨盤矯正
  • テーピング